高反発ドライバーを使うと効果のがでるプレイヤー

ゴルフ用品の第一ゴルフ TOP >  高反発ドライバーを使うと効果のがでるプレイヤー


高反発ドライバーを使うと効果のがでるプレイヤー


高反発ドライバーの登場で変わった環境

高反発ドライバー、というものがあります。ドライバーを中心に、ドライビングクラブの反発係数を増すことで飛距離を伸ばそうというコンセプトで作られたものであり、実際にこのクラブを使うだけで飛距離をのばせるという便利なものです。
しかしこれがプロゴルファーの間で広まっていくと、せっかく設計したコースのバランスを崩すほどの効果を見せるなど、ゴルフとはなんなのか、最新のゴルフクラブを使えるかどうかで決まってしまうのか、といった波紋が広がりました。
そして日本でも2008年に完全に高反発ドライバーが使用禁止だとゴルフ協会が宣言し、競技だけでなく、アマチュアが遊びでするゴルフでも、高反発ドライバーは使わないようにするべきだ、と決定されました。これは2016年現在になっても、まだ禁止は続行しています。

楽しみを残す高反発ドライバー

しかし実際のところ、競技でもなく、友人同士のゴルフであれば問題ないのでは、と考える人の数は多いです。
また年齢を重ね、力の衰えを感じてしまう人にとって、飛距離というのはゴルフのモチベーションに大きな影響を与えるものです。違反をしたいというのではなく、かつての飛距離に近づきたいという気持ちを否定するのはおかしいでしょう。
他にも、練習をする時間がない人が効率よくゴルフを楽しむために高反発ドライバーを活用するのもおかしなことではありません。
スコアも、あえて記録しないとしておいたり、あるいは高反発ドライバー記録、とでもしておけば大きな問題にもならないはずです。
実際、2008年から時間が経つごとに、高反発ドライバーを売り出すメーカーが増えてきており、それに対してゴルフ協会は態度を軟化させています。規制そのものは変わりませんが、それぞれのプライヤーに応じた楽しみ方があるので、といったことを述べ、一定の理解を示すようになってきました。

高反発ドライバーは万能ではない

ただし、誰が使っても高反発ドライバーは遠くまで飛ばせるというものではありません。
そもそも、ボールにクラブの力が伝わらなければ高反発ドライバーであっても効果が発揮できませんから、正しいスイングが必要です。
またボールが飛ぶには、打ち出されたスピード、角度、スピンで飛距離が決まりますが、スピンは多すぎると上がりすぎてしまいますし、少なすぎるとうまく上がりません。反発係数が高くても、スピンが少ない人がさらにスピンを落とすようなクラブを使ったり、スピンが多い人がさらに増やすようなクラブを使ってしまえば逆効果です。
高反発ドライバーだから飛距離が伸びる、と安易に考えるのではなく、通常のクラブと同様に、自分にあったものなのか、また自分のスイングを見返す機会にしても良いでしょう。

kouhanpathu690bn.jpg
re_re_color_01.jpg

re_re_color_02.jpg

re_re_color_03.jpg


hanpathukeisu690.jpg


kouhannpatu690.jpg


kouhanpathu2.jpg


kouhanpatu-1.jpg kouhanpatu-2.jpg



kouhanpathu1.jpg

取り扱いについて

高反発加工は第一ゴルフ全店で受け付けております。

※画像は加工の一例です。クラブによって削れる量は変わります。
※加工後、スコアライン等は元通りに戻りますが、IP加工等のフェース加工に関しては戻せませんので予めご了承ください。

遠方の方はインターネットショップでも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

bn_net690.jpg

ショップリスト
店舗一覧

姫路本店

姫路本店

TEL: 079-282-6661

詳細情報

フィッティングスタジオ
神戸垂水店

フィッティングスタジオ神戸垂水店

TEL: 078-797-0562

詳細情報

伊丹店

伊丹店

TEL: 072-780-1615

詳細情報

堺店

堺店

TEL: 072-273-5620

詳細情報

箕面北摂店

箕面北摂店

TEL: 072-726-5621

詳細情報
ページの先頭へ戻る