高反発ドライバーの構造

ゴルフ用品の第一ゴルフ TOP >  高反発ドライバーの構造


高反発ドライバーの構造


高反発ドライバーの大きな魅力とは

ゴルフで使用する高反発ドライバーをご存知ですか。
ゴルフを行っている人であれば、ドライバーで遠くまで飛ばしたいと考えている人はほとんどでしょう。
ドライバーがなかなか遠くまで飛ばない、しっかりドライバーを振り回しているのに想像通りの距離に達しないという人は、高反発ドライバーを使用してみるのも良いでしょう。
2008年ころにドライバーによる反発規制がかかり、一時期はこういった高反発ドライバーは販売されなくなっていました。しかし、近年になってやはり遠くまでドライバーで飛ばしたいというユーザーが再度増えてきており高反発ドライバーが再び製造販売されるようになってきたのです。
しかし、高反発ドライバーを使えばゴルフが上手になるというわけではありません。あくまでも構造をしっかり理解して自分に合ったドライバーの振り方を身に付けることが重要なポイントです。

高反発ドライバーの構造について

ゴルフで最も重要な最初に使用するドライバーは、やはり遠くまで飛ばしたいと考えるはずです。
高反発ドライバーを使用することで、力のあまりない人でも今以上に遠くに飛ばすことができることは間違いありません。
では反発ドライバーはどういった構造で遠くまで飛ばせるようになっているのでしょうか。
多くの高反発ドライバーは、チタンプレートなどをドライバーに埋め込みインパクト部分を重くすることで反発能力を高めて遠くまで飛ばすことができます。
このチタンプレートなどの取り付け位置がとても重要となり、各社さまざまデータや工夫を凝らして販売しています。
チタンプレートなどを自分の合った位置に取り付けができるドライバーも販売されています。
ゴルフの基本をしっかり見に付けて高反発ドライバーを使用してみましょう。

高反発ドライバーで遠くまで飛ばすには

しかし、高反発ドライバーを使用してもイメージ通りになかなか遠くまで飛ばないというプレイヤーも少なくありません。
反対に、高反発ドライバーを使用したことで今よりも飛距離が短くなったという人もいるでしょう。また、真っ直ぐに飛ばなくなったという人や、真に当たらなくなったという人もいるはずです。
高反発ドライバーを使用する上で重要なことは、無理な力を加えないということです。高反発ドライバーは、正しいスイングを行うことで自然と遠くまで飛距離が伸びる構造になっています。
その構造をしっかり理解してゴルフの基礎から学び直し高反発ドライバーを使用することをお勧めします。
また、高反発ドライバーを選びときには必ず試しにスイングを行うようにしてみましょう。自分の力に合った高反発ドライバーを選びましょう。

kouhanpathu690bn.jpg
re_re_color_01.jpg

re_re_color_02.jpg

re_re_color_03.jpg


hanpathukeisu690.jpg


kouhannpatu690.jpg


kouhanpathu2.jpg


kouhanpatu-1.jpg kouhanpatu-2.jpg



kouhanpathu1.jpg

取り扱いについて

高反発加工は第一ゴルフ全店で受け付けております。

※画像は加工の一例です。クラブによって削れる量は変わります。
※加工後、スコアライン等は元通りに戻りますが、IP加工等のフェース加工に関しては戻せませんので予めご了承ください。

遠方の方はインターネットショップでも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

bn_net690.jpg

ショップリスト
店舗一覧

姫路本店

姫路本店

TEL: 079-282-6661

詳細情報

フィッティングスタジオ
神戸垂水店

フィッティングスタジオ神戸垂水店

TEL: 078-797-0562

詳細情報

伊丹店

伊丹店

TEL: 072-780-1615

詳細情報

堺店

堺店

TEL: 072-273-5620

詳細情報

箕面北摂店

箕面北摂店

TEL: 072-726-5621

詳細情報
ページの先頭へ戻る