高反発ドライバーと長尺シャフト

ゴルフ用品の第一ゴルフ TOP >  高反発ドライバーと長尺シャフト






高反発ドライバーと長尺シャフト






ゴルフでは高反発に加えてシャフトの長さも重要になっている



高反発ドライバーは、ゴルフでも結構利用されているものとなっており、定番とされている商品でもあります。アマチュアの方で、非常に距離飛ばしたいと思っている時、高反発ドライバーに頼ることも多くなります。ただ、反発力が高くなっているだけでは、距離を稼ぐことはそんなにできないのです。たくさんの距離を稼ぎたいと思っている場合は、更に長尺のシャフトを作ることによって、より振り回すことができる距離を伸ばさなければなりません。

シャフトが長尺になると、スイングスピードをアップさせることができます。反発力を高めることは、スピードをアップさせることも重要になっているので、高反発ドライバーと長尺シャフトを活用すると、距離を大幅に伸ばすことができます。ゴルフのブランドでは、そうしたものを開発していたこともあります。




長尺にするとスピードは伸びるがインパクトが難しい



高反発ドライバーで長尺シャフトを採用すると、ヘッドスピードは大幅に伸びることとなります。ゴルフで距離を稼ぎたいと思っている場合は、ヘッドスピードのアップが重要視されており、これがしっかり出来ているようなら、距離を自然に増やすことが可能となります。ただ、長尺シャフトを採用することは、実はインパクトを考えることが非常に難しくなっているので、スピードの代わりに結構安定性を失っていることになります。

ゴルフを行っている時、空振りをすることは避けなければならないことですが、長尺シャフトを採用しているものは、比較的インパクトの距離が長くなって、距離感がつかみにくい問題点を抱えています。高反発ドライバーに長尺シャフトは、最高クラスの距離を稼ぐことができるものとして注目されていますが、その分腕が重要になってくるものでもあります。




長尺シャフトを採用している高反発ドライバーは少ない



意外なことかもしれませんが、距離を大幅に稼ぐため、高反発ドライバーに長尺シャフトを採用しているものは少ないです。当たりにくいと判断されてしまうと、ゴルフで使えるかどうかもわからないので、シャフトの距離は同じにして、高反発ドライバーのインパクトで強い力を与えられるようにする工夫を行っています。この方が成功しやすいと思っているメーカーが多いために、高反発ドライバーで使われているのは普通の長さのシャフトです。

過去には長尺シャフトを活用した高反発ドライバーもありましたが、ゴルフのプレイで失敗することが出ていたり、長尺を追求しすぎて安定性が失われて、ラウンドに影響が出ていることから、今のゴルフメーカーは普通の距離に設定しています。ただ、過去には長尺物の高反発ドライバーもあったことを知っておくと良いです。






kouhanpathu690bn.jpg
re_re_color_01.jpg

re_re_color_02.jpg

re_re_color_03.jpg


hanpathukeisu690.jpg


kouhannpatu690.jpg


kouhanpathu2.jpg


kouhanpatu-1.jpg kouhanpatu-2.jpg



kouhanpathu1.jpg

取り扱いについて

高反発加工は第一ゴルフ全店で受け付けております。

※画像は加工の一例です。クラブによって削れる量は変わります。
※加工後、スコアライン等は元通りに戻りますが、IP加工等のフェース加工に関しては戻せませんので予めご了承ください。

遠方の方はインターネットショップでも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

bn_net690.jpg

ショップリスト
店舗一覧

姫路本店

姫路本店

TEL: 079-282-6661

詳細情報

フィッティングスタジオ
神戸垂水店

フィッティングスタジオ神戸垂水店

TEL: 078-797-0562

詳細情報

伊丹店

伊丹店

TEL: 072-780-1615

詳細情報

堺店

堺店

TEL: 072-273-5620

詳細情報

箕面北摂店

箕面北摂店

TEL: 072-726-5621

詳細情報
ページの先頭へ戻る