高反発ドライバーが飛ぶ理由

ゴルフ用品の第一ゴルフ TOP >  高反発ドライバーが飛ぶ理由


高反発ドライバーが飛ぶ理由


ゴルフでボールが飛ぶ高反発ドライバーの反発規制

ゴルフの高反発ドライバーはさまざまな魅力を秘めています。
アマチュアのゴルファーはプロのように気持ちよく飛ばしたい気持ちを日々持っていますが、高反発ドライバーの反発規制が生じていた期間が2008年頃からありました。
メーカーから生産されない時期が過ぎて、再び生産が増えてきた経緯があります。2014年頃までは大手のメーカーの販売がなく、一部のメーカーからのみを購入する状況が続いていました。
ルール適合ドライバーでは飛び加減に満足できないゴルフの愛好者も多く存在しています。アマチュアでも飛ばせる高反発ドライバーは大きなニーズが存在していましたが、そのニーズを満たすタイミングを大手メーカーは準備して狙っていた状況でした。
2015年頃から再び、高反発ドライバーを送り出した大手メーカーは飛ばしたいゴルフを行う人の気持ちを満たしてくれています。こうしたドライバーが飛ぶ理由は、多くの特徴によって裏付けされています。

ゴルフボールの初速のインパクトと高反発ドライバー

高反発ドライバーが飛ぶ理由には、いくつかの理由が存在しています。
ゴルフを行う人が飛距離アップを狙えるのかを考える際に、主にボールの初速と打ち出し角、スピン量の3つを考えに含めて、ドライバーを選択する必要があります。その際に効果的なのが高反発ドライバーです。
高い意味で飛距離に貢献する部分がボールの初速です。初速が大きいほどにボールが伸びると考えており、いくつかの要素が中心に影響しています。
ゴルフを行う人が高反発ドライバーが飛ぶ理由は、ボールの初速には、ドライバーとボールがインパクトする現象が影響をもたらしています。
ヘッドが重ければ、ボール初速は大きくなっていく特徴があります。ヘッド重量のほかにも、それに関連しているヘッドスピードやロフト、ミート率も影響を与えている特徴があります。
高反発ドライバーを利用することで通常のドライバー以上にボールのインパクトが強くでき、ボールは遠くへ飛ばすことに導きます。

高反発ドライバーでゴルフボールが飛ぶ理由のバランス

ゴルフの愛好者が高反発ドライバーが飛ぶ理由には、ルール適合のバランスを知ることも大切です。
大きなドライバーヘッド重量はルール上では規制されていない特徴も存在しています。それでも、フェースの反発係数は規制があるために事前の注意が求められますが、ドライバーのヘッド重量は220gでも適合に含まれる特徴があります。
適合の理由として、逆にヘッドスピードが遅くなる現象を生じるためです。こうしたトレードオフの関係は制限がない魅力がありますが、重くすれば重くするほどに、ヘッドスピードを上げることが困難な方向へ向かいます。
重量とスピードのバランスが崩れすぎる場合は、逆にゴルフボールが飛ばなくなるので、バランスを崩さない程度の範囲を実現させているのが高反発ドライバーです。
高反発ドライバーが飛ばせる理由は、このバランスの範囲で成り立っています。

kouhanpathu690bn.jpg
re_re_color_01.jpg

re_re_color_02.jpg

re_re_color_03.jpg


hanpathukeisu690.jpg


kouhannpatu690.jpg


kouhanpathu2.jpg


kouhanpatu-1.jpg kouhanpatu-2.jpg



kouhanpathu1.jpg

取り扱いについて

高反発加工は第一ゴルフ全店で受け付けております。

※画像は加工の一例です。クラブによって削れる量は変わります。
※加工後、スコアライン等は元通りに戻りますが、IP加工等のフェース加工に関しては戻せませんので予めご了承ください。

遠方の方はインターネットショップでも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

bn_net690.jpg

ショップリスト
店舗一覧

姫路本店

姫路本店

TEL: 079-282-6661

詳細情報

フィッティングスタジオ
神戸垂水店

フィッティングスタジオ神戸垂水店

TEL: 078-797-0562

詳細情報

伊丹店

伊丹店

TEL: 072-780-1615

詳細情報

堺店

堺店

TEL: 072-273-5620

詳細情報

箕面北摂店

箕面北摂店

TEL: 072-726-5621

詳細情報
ページの先頭へ戻る