高反発ドライバーにオススメのシャフト

ゴルフ用品の第一ゴルフ TOP >  高反発ドライバーにオススメのシャフト


高反発ドライバーにオススメのシャフト


ドライバーのシャフト選びは慎重に

ゴルフをしていると道具選びの奥深さを感じるものです。高反発ドライバーでも、他のクラブと同様シャフト選びを慎重に行う必要があります。同じスイングをしているのに、アイアンは調子が良くて、ドライバーは調子が悪いということがありますが、それはシャフトが原因になっている場合があります。特に高反発ドライバーは飛距離が出るので、打ち出し角度が左右に少しずれるだけでも、OBになってしまう可能性があります。高反発ドライバーでいくら飛距離が出ても、OB連発ではゴルフをしていても楽しくありません。ですので、もしすでに自分に合ったアイアンが見つかっているのであれば、それに合わせた高反発ドライバーを選ぶ必要があります。シャフトは後からでも交換することはできますが、まずは既成のものから自分に合いそうなものを選び、それでも合わなければシャフト交換を考えるようにするといいかもしれません。

アイアンとドライバーの「長さ」と「重さ」を合わせるようにする

高反発ドライバーに関わらず、ゴルフクラブのシャフト選びの重要なポイントはいくつかあります。まずシャフトの長さと重さをチェックしてみましょう。アイアンは長くなるほど重さが増していきます。例えば、x軸を長さ、y軸を重さとしてアイアンのそれぞれの番手の重さと長さをグラフに示していくと、ほぼ直線になります。その直線の延長線上にドライバーがあるのが理想です。ドライバーの数値がこの直線より上にあれば重すぎることになり、逆に下側にあれば軽すぎることになります。また、この直線から外れるほど、アイアンとドライバーの相性が合っていないことになり、同じスイングをしても打球が安定しない原因になります。アイアンとドライバーで打ち方を変えなければならなくなってしまいます。ゴルフの道具はとても精巧にできているので、同じスイングで飛距離を打ち分けることができるわけです。

ドライバーシャフトの「フレックス」と「調子」の選び方

長さと重さがアイアンとバランスが取れていても、フレックスと調子が自分に合っていないと、やはり打球が安定しなくなります。フレックスというのはシャフトの固さのことで、メーカーによって多少違いがありますが、S(スティッフ:固め)やR(レギュラー:柔らかめ)などの記号で表されます。フレックスはヘッドスピードに合わせて選びます。また、調子はスイング中にシャフトのどのあたりが曲がりやすいかを示すものです。グリップよりがしなる元調子、ヘッド寄りがしなる先調子、全体的にしなる中調子があります。自分の特徴がはっきりわかっているのでなければ、中調子を選んでおくとよいでしょう。高反発ドライバーを選ぶときには、いろいろなメーカーのスベックを確認しながら選ぶと失敗が少なくなります。自分に合ったゴルフクラブが見つかればますますゴルフが楽しくなるに違いありません。

kouhanpathu690bn.jpg
re_re_color_01.jpg

re_re_color_02.jpg

re_re_color_03.jpg


hanpathukeisu690.jpg


kouhannpatu690.jpg


kouhanpathu2.jpg


kouhanpatu-1.jpg kouhanpatu-2.jpg



kouhanpathu1.jpg

取り扱いについて

高反発加工は第一ゴルフ全店で受け付けております。

※画像は加工の一例です。クラブによって削れる量は変わります。
※加工後、スコアライン等は元通りに戻りますが、IP加工等のフェース加工に関しては戻せませんので予めご了承ください。

遠方の方はインターネットショップでも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

bn_net690.jpg

ショップリスト
店舗一覧

姫路本店

姫路本店

TEL: 079-282-6661

詳細情報

フィッティングスタジオ
神戸垂水店

フィッティングスタジオ神戸垂水店

TEL: 078-797-0562

詳細情報

伊丹店

伊丹店

TEL: 072-780-1615

詳細情報

堺店

堺店

TEL: 072-273-5620

詳細情報

箕面北摂店

箕面北摂店

TEL: 072-726-5621

詳細情報
ページの先頭へ戻る