高反発加工とSLEルール

ゴルフ用品の第一ゴルフ TOP >  高反発加工とSLEルール


高反発加工とSLEルール


ゴルフ観戦は飛びすぎるとつまらない?!

大きな飛距離を生み出すにはいろいろな要素が関係しています。スイングフォームを改良したり、日々練習したりすることはとても大切です。また、飛距離が出るように設計されているゴルフクラブを選ぶことも大切です。ゴルフクラブを選ぶときに注意したいのがSLEルールです。近年テクノロジーの進化と共に、ゴルフクラブの性能が格段に上がってきました。かつて、パーシモンヘッドを使っていた時代と比べるとスイートスポットも広くなっており、より遠くまで飛ばせるようになっているのは明らかです。そのような背景で、飛びすぎるクラブを規制するためにできたのが、SLEルールです。例えば、パー5 のホールがあったとして、ドライバーでグリーン近くまで飛ばせるようになると、プレーヤーとしてはスコアは良くなるかもしれません。しかし、見ている方としてはつまらなくなってしまいます。特にプロの試合を観戦するときなど、第二打のアイアンショットのテクニックを見る機会が減ってしまいます。

仲間内での高反発ドライバーの使用

SLEルールは2008年に制定されました。ドライバーの飛びすぎを防ぐために、反発係数が一定数以下でないといけないと定められています。反発係数というのは、簡単に言うとどれくらい跳ね返りやすいすいかを表す数値で、0と1の間で表されます。SLEルールではこの値が「0.830」以内と定められており、それ以上のものはルール不適合という扱いになります。そして、反発係数の高いものを「高反発」と言います。公式競技ではこのルールに反する高反発ドライバーを使用することができません。しかし、アマチュアが楽しみながらゴルフをするのには、あまり意識しなくてもよいかもしれません。仲間内でプレーするときなど、ローカルルールを採用していることもあるので、SLEルールにだけ厳密に従うというのは少し変な感じがします。もちろん仲間同士であっても公正にプレーしたいので、高反発ドライバーの使用を事前に了承を取っておくと安心でしょう。

飛距離に限界を感じたら高反発加工

初めから高反発ドライバーを購入することもできますが、加工して高反発にすることもできます。工房などで高反発加工を施してもらえば、手持ちのドライバーも高反発にすることができます。加工するときは、フェイスを少しずつ削っていき、反発係数が上がるようにしていきます。フェイスが薄くなるほど、跳ね返りがよくなり高反発になります。加工しすぎるとフェイスが割れやすくなったり、また打球音が甲高くなったりします。加工にはとても細かい作業が求められます。ですので、依頼するときは、どこの工房に依頼するかよく調べておく必要があります。ゴルフをしている人にとって、大きな飛距離はとても魅力的です。手持ちのドライバーに限界を感じたときには、高反発加工を試してみるのもよいでしょう。練習と道具で楽しいゴルフライフを送りましょう。

kouhanpathu690bn.jpg
re_re_color_01.jpg

re_re_color_02.jpg

re_re_color_03.jpg


hanpathukeisu690.jpg


kouhannpatu690.jpg


kouhanpathu2.jpg


kouhanpatu-1.jpg kouhanpatu-2.jpg



kouhanpathu1.jpg

取り扱いについて

高反発加工は第一ゴルフ全店で受け付けております。

※画像は加工の一例です。クラブによって削れる量は変わります。
※加工後、スコアライン等は元通りに戻りますが、IP加工等のフェース加工に関しては戻せませんので予めご了承ください。

遠方の方はインターネットショップでも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

bn_net690.jpg

ショップリスト
店舗一覧

姫路本店

姫路本店

TEL: 079-282-6661

詳細情報

フィッティングスタジオ
神戸垂水店

フィッティングスタジオ神戸垂水店

TEL: 078-797-0562

詳細情報

伊丹店

伊丹店

TEL: 072-780-1615

詳細情報

堺店

堺店

TEL: 072-273-5620

詳細情報

箕面北摂店

箕面北摂店

TEL: 072-726-5621

詳細情報
ページの先頭へ戻る