EPON(エポン)遠藤製作所について

ゴルフ用品の第一ゴルフ TOP >  EPON(エポン)遠藤製作所について

epon-top720.jpg

 

EPON(エポン)遠藤製作所とは?

EPON(エポン)はOEMメーカーの遠藤製作所の自社ブランドです。

余り聞かない名前かもしれませんが、ゴルフ業界に携わる人間であればだれでも知っている超有力企業。

大手ゴルフメーカーの評判の良いヘッドの多くが遠藤製作所製の事が多く、大手ゴルフギアメーカーの営業マンも遠藤製ですと自信をもって営業する程の技術力を有したメーカーです。

自社ブランドであるEPONは高額ですが高度な技術を盛り込み一切の妥協をせずに造られています。


試打レポート

「エポン」が選ばれる7つの理由!

① ターゲットが明確な "コンセプト・デザイン"

エポンは過去から現在までコンセプトターゲットを明確に商品を展開してきた。 流行や定期的な製品サイクルに縛られず「良いものしか出さない」のが信念である。  このための普遍的で飽きのこない製品が特徴といえる。 現行の「AF300」シリーズは前作から4年も開発に時間をかけ発売となった。

② コンマ1を管理する圧倒的な "製品精度"

エポンをエポン足らしめているのが、その極めて高い製品精度。 工業製品には必ず設計値に対して許容される公差があるが、エポンはその公差の範囲が非常に厳しく設定され、バラつきのないパーツの供給を可能にしている。

③ 素材製法を熟知し優れた "鍛造技術"

心地良いフェースの弾きや重心設計の自由度の高いウッド、極上の打感をもたらすアイアン・・・こうしたエポン製品の魅力の根源となっているのが卓越した鍛造技術である。素材の選定からそれに合わせた冷間・温感といった、鍛造製法まで日本一とも称されるその技術は、親会社である製造メーカー「遠藤製作所」からもたらされるものである。

④ ゴルファーを悩ませない、構えやすい "美顔"

アスリート向け、アベレージ向けを問わず、構えた時に違和感のない形状もエポンに共通する思考である。 良い意味で考えさせないのがエポンのクラブ。 そこにはゴルフに集中して欲しいというメーカーの思いや、無駄な装飾を省きユーザーが使う目的のためにデザインされた機能美がある。 そんな部分も市場で評価される一端である。

⑤ 知識・技術を持った "プロショップ"で買える

エポンは完成品でなく、クラブヘッドで供給されるパーツブランド。 このため フィッティングにより、ユーザーに最適なクラブへと仕上げられる知識と技術を持ったプロショップでのみ購入出来る。 インターネットや販売店での販売はしていない。

⑥ チタンヘッドも曲げる "技術力"

エポンの高度な技術力はアフターサービスにおいても実感できる。 例えば、ドライバーなどのチタンの鍛造ヘッドのフェースアングルを0.5まで調整できる。 規格品がどうしてもハマラない ユーザーに対するあくまで特注加工で高い製品精度と限界まで薄い現在の鍛造チタンヘッドでこうした事ができるのは、おそらくエポンだけだろう。

⑦ 彫金 色変更  "別注"のも対応

クラウンの塗装を自分好みの変更したり、アイアンのバックフェース」にイニシャルを刻印(彫金)するなど、一般的に要望にはエポンがカスタムメニューとして、対応してくれる。

EPON(エポン)の考え方ついて

鍛え抜く

熱し、叩き、成形する。さらに、熱し、叩き、成形する。



結晶が微細化し、組織は繊維状になり鉄はより強くなり、より粘りを増す。



古の刀工から伝わる日本の伝統工芸「鍛造」は、 まさに「鍛えて造り上げる」技術。

一切の妥協をせず、ひたすら鉄を鍛え続ける。



熱し、叩き、成形する。熱し、叩き、成形する。



確かな到達点と、その先にあるものを求めて・・・。


 
epon-af103dr.jpg

epon-213stx-150.jpg

軟鉄鍛造アイアン

エポンゴルフのアイアンは軟鉄のよさを最大限引き出すように作られています。



厳密な温度管理のもと加熱された丸棒素材は、粗鍛造から仕上げ鍛造まで数工程をかけて鍛造され、アイアンヘッドの形となります。

自社制作による精密鍛造金型により、この段階で形状、表面肌は完成品とほぼ同等に仕上がっています。



その後、ロゴマークやスコアラインをプレス製法により打刻し、角度調整、仕上げ研磨、メッキを経て完成ヘッドとなります。



打感の良さを味わうことができるのが軟鉄鍛造アイアンの最大の特徴です。

さらにこれに加えてエポンゴルフのアイアンは蓄積された鍛造ノウハウから打感だけでなく、構えた時の自然な美しさを追求しています。



また、飛距離を追求したポケットタイプアイアンには、高反発素材を用いたフェース板を溶接ロボットによる精密レーザー溶接により軟鉄ボディと溶接しています。



スコアメイクにおいて重要なポイントとなるウェッジは軟鉄鍛造製法だけでなく、表面仕上げにもこだわり、ニッケル・クロムメッキ、銅メッキ、ビンテージを呼ばれるノーメッキ仕上げなど多彩な表面仕上げによりお客様にベストマッチしたクラブをご提供いたします。

EPON2.jpg

鍛造チタンウッド

エポンゴルフのウッドはチタン合金を素材とした全身鍛造製法です。



フェース、ソール、クラウン、ホゼルすべてを鍛造製法により形づくり、溶接ロボットによる精密プラズマ溶接により接合しています。



フェースはFEMシミュレーションを駆使し、反発・たわみエリアが拡大されるよう設計された偏肉構造を丸棒鍛造製法により実現しています。



ソール、クラウンは1.0mmを下回る板材を精密プレス製法により形作り、さらにケミカルミーリングにより部分的な薄肉化加工を行っています。



これらの製法により余剰重量を最大化し、重心位置、慣性モーメントの最適化を図っています。



エポンゴルフのウッドは全身鍛造製法によりフェース反発エリアの拡大、ボディの薄肉化によるたわみ量拡大により、圧倒的な飛距離の向上を実現しています。

EPON3.jpg

精密鍛造製法形状の有利性

エポンゴルフは様々な鍛造製法を組み合わせることによって、極めて精密な鍛造品を作り上げています。



アイアンの形状を決める「マスターモデル」をそのままに形作ることを可能とし、極めて研磨量を減らし、人の手によるバラツキをなくしているのです。



つまり、卓越した鍛造技術により作り手の感性までも正確に再現しているのです。



エポンゴルフクラブのマスタークラフトマンチームは国内外の有名ツアープロのクラブを多く手がけています。この中でさらに選び抜かれ、洗練したモデルをマスターモデルとして採用しています。この選び抜かれたマスターが、CAD3次元データに基づき作り手の感性と魂までもが忠実に金型へと導かれるのです。

EPON4.jpg

よくある質問 Q&A

Q1 : クラブの価格はいくらぐらいですか?

エポンゴルフは既製品のゴルフクラブの販売はほとんどありません。ヘッドパーツ供給されており、フジクラ、TRPX、グラファイトデザイン、三菱レーヨンなどのシャフトメーカーのシャフトと組むことができ、グリップも各種お選びいただけます。 そして、お客様の要望に合わせてお作りしますので、定価はありません。 販売価格はその都度お問合せください。

Q2 : 在庫はあるのですか? 又納期はどれぐらいかかりますか?

組み立てモデルなので、完成在庫品はありません。 通常納期は約10日間です。メーカーのパーツ在庫切れにより時間がかかる場合もあります。 ご注文の内容によっても変わりますので、その都度お問合せください。

Q3 : 注文はどうしたらいいですか?

まずは、第一ゴルフ姫路本店(079-282-6661)か堺店(072-273-5620)までお問い合わせください。遠方の方もご相談に乗らせて頂きますのでまずはお電話ください。近隣の方で直接店舗までご来店いただける方は、必ず今お使いのクラブ一式を持参してご来店ください。ベテランスタッフが誠心誠意フィッティングを行いベストフィットのクラブをご提案させて頂きます。

取り扱いについて

EPON(エポン)の取り扱いは、姫路本店・堺店のみとなります。試打クラブもご用意しておりますのでご来店お待ちしております。

遠方の方もご相談にのらせていただけますのでまずはお問い合わせください。
エポンの方針により、ウェブショップには直接購入できるページを作成しておりません。通販ご希望の場合もお手数ですが、まずはお問い合わせください。


 

取扱い商品

第一ゴルフについて

第一ゴルフ公式ブログ

ショップリストショップリスト
店舗一覧

姫路本店

姫路本店

姫路本店

TEL: 079-282-6661

詳細情報詳細情報

フィッティングスタジオ
神戸垂水店

フィッティングスタジオ神戸垂水店

フィッティング
スタジオ
神戸垂水店

TEL: 078-797-0562

詳細情報詳細情報

伊丹店

伊丹店

伊丹店

TEL: 072-780-1615

詳細情報詳細情報

堺店

堺店

箕面北摂店

箕面北摂店

箕面北摂店

TEL: 072-726-5621

詳細情報詳細情報
ページの先頭へ戻る